<PGM世界ジュニアゴルフ選手権日本代表選抜大会 九州・沖縄予選>

 15―18歳の部男子は、亀井壮汰(香川・四国学院大香川西高2年)と杉原光紀(香川・四国学院大香川西高1年)の同じ学校の先輩・後輩がともにイーブンパー72で回り、18番からのカウントバックで亀井が昨年に続くメダリストとなって西日本決勝大会(3月30、31日、滋賀・滋賀GC)に進んだ。同女子は梅津真優美(山口・マシュー・C・ペリー中3年)が1アンダー71の好スコアをマークし、2017年13―14歳の部以来の世界ジュニア代表を目指す。13-14歳の部では男子は林田直也(福岡・沖学園隆徳館中2年)、女子は安保寿美(広島・福山城北中2年)がそれぞれトップで西日本決勝大会に進んだ。

 西日本決勝大会でIMGA世界ジュニアゴルフ選手権(7月、米国サンディエゴ)の西日本エリアの日本代表が決まる。

 西日本決勝大会進出者は以下の通り。

▽15-18歳男子
 【1位】亀井壮汰(香川・四国学院大香川西高2年)=72
 【2位】杉原光紀(香川・四国学院大香川西高1年)=72
 【3位】寺西遼馬(広島・広島国際学院高1年)=73
 【4位】古瀬幸一朗(香川・さぬき南中3年)=73
▽同女子
【1位】梅津真優美(山口・マシュー・C・ペリー中3年)=71
【2位】岩谷奏(大阪・ルネサンス大阪高3年)=76
 【3位】益田世梨(岡山・岡山理大付高1年)=77
▽13-14歳男子
 【1位】林田直也(福岡・沖学園隆徳館中2年)=73
 【2位】濱山文飛(福岡・城南中2年)=76
 【3位】広山功喜(大阪・大池中2年)=79
 【4位】三原颯真(島根・出雲第三中1年)=80
▽同女子
 【1位】安保寿美(広島・福山城北中2年)=76
 【2位】中村心(山口・大内中1年)=77
 【3位】井ノ下愛華(広島・東西条小6年)=77
 【4位】川端悠衣(広島・大洲中2年)=78
▽11-12歳男子
 【1位】原鉄太郎(愛媛・窪田小6年)=78
 【2位】高山大維志(山口・富田東小6年)=79
 【3位】松本瞬乃介(広島・大町小4年)=80
▽同女子
 【1位】長岡優稀(大阪・東泉丘小5年)=85
 【2位】松尾桃子(福岡・警固小5年)=89
▽9-10歳男子
 【1位】岡村昂汰(兵庫・峰相小4年)=77
 【2位】上田涼真(愛知・木曽川西小4年)=85
▽同女子
 【1位】龍本奈月(広島・安小4年)=77
▽7-8歳男子
 【1位】前田哲宏(大阪・関西国際学園小2年)=71
 【2位】廣木直翔(佐賀・神埼小2年)=75
▽同女子
 【1位】佐々木花虹(岡山・御津南小2年)=84
(注)同スコアの順位は18番からのカウントバックによる

【協会広報ライター・赤坂厚】

 

【大会雑観】

15―18歳の部男子
亀井壮汰(香川・四国学院大香川西高2年)
亀井壮汰(香川・四国学院大香川西高2年)

亀井壮汰(香川・四国学院大香川西高2年)
杉原光紀(香川・四国学院大香川西高1年)

杉原光紀(香川・四国学院大香川西高1年)
15-18歳の部男子は、香川・四国学院大香川西高の先輩・後輩、亀井壮汰(2年)と杉原光紀(1年)が、イーブンパー72で回った。18番からのカウントバックで亀井が2年連続予選メダリスト、杉原が2位で西日本決勝大会(3月30、31日、滋賀・滋賀GC)に進出した。
亀井は「16番(パー5)のセカンドでダフってOBを打ってダブルボギーにしてしまった」と終盤のミスを悔やんだ。2番でメートル、11番で1メートルのバーディーで2アンダーに伸ばしただけにもったいなかった。「前半は全部パーオンしたし、チャンスはあったが、パッティングがラインに乗るけど届かないの連続でした」と、ストレスがたまるプレーだった様子。昨年も1位で西日本決勝大会に進んだが世界ジュニア切符は取れなかった。「今回みたいな1つの大きなミスをなくして優勝を目指したい」と、意気込んだ。
杉原はまだ学校では団体戦メンバーに入っていない。「香川西からこの予選にたくさん出るというので、僕も出てみようかなと」と初めて出場した。前半は38だったが、後半に入って11番でピン手前4メートルのバーディーを決めて「気持ちが変わった」と、15、16番連続バーディーなど34で回って先輩にスコアで並んだ。西日本決勝大会までに「身長(173センチ)に比べて体重(60キロ)がないので、少しでも増やして、飛距離を伸ばしたい」と話していた。
15―18歳の部女子
梅津真優美(山口・マシュー・C・ペリー中3年)
梅津真優美(山口・マシュー・C・ペリー中3年)

梅津真優美(山口・マシュー・C・ペリー中3年)

15-18歳の部女子では、梅津真優美(山口・マシュー・C・ペリー中3年)が、1アンダー71の好スコアをマークして、1位で西日本決勝大会(3月30、31日、滋賀・滋賀GC)に進んだ。「いいゴルフができました。パターがよかった」と振り返った。インスタートの前半はイーブンパー。折り返した後半1番でバンカーに入れるダブルボギーをたたいたが「そういうこともあるだろうなと思っていたので焦りませんでした」と、後に引きずらなかったのが功を奏して、2番で2メートルを入れて1つ取り返した後、5番4メートル、8番では1メートルにつけてアンダーになった。2017年に13―14歳の部で世界ジュニア代表になったが、本戦では22位に終わった。「(このカテゴリーは)トーリー・パインズGC(ノースコース)を回れるので、やってみたいです」と2年ぶりの世界ジュニア出場に意欲を見せる。6月からは米国・フロリダ州のクラブメッド・アカデミーへの留学が決まっている。「世界ジュニアで結果を出したい」と、留学生活にも弾みをつけたい。
13―14歳の部男子
林田直也(福岡・沖学園隆徳館中2年)
林田直也(福岡・沖学園隆徳館中2年)
林田直也(福岡・沖学園隆徳館中2年)
13-14歳の部男子の林田直也(福岡・沖学園隆徳館中2年)が1オーバー73で、西日本決勝大会(3月30、31日、滋賀・滋賀GC)にトップで進出した。前半は「バーディーチャンスを3回ぐらい外して」と2オーバーでターン。後半は12番で3メートル、14番で5メートルを沈めるバーディーもあって好スコアになった。この予選は3回目の挑戦。小学校の時は体が小さく「フェアウエーウッドばかり練習した」と今も得意としている。中2になってすぐに身長が伸びはじめ、今は166センチになって、飛距離もドライバーで260ヤードまで行くようになった。自宅の自分の部屋を改装して床にパター練習ができるようにマットを敷き「カップが4つある」という。西日本決勝大会に向けては「バーディーを取れるようにうちでパター練習をしっかりやっていく」と意欲を見せていた。
13―14歳の部女子
安保寿美(広島・福山城北中2年)
安保寿美(広島・福山城北中2年)

安保寿美(広島・福山城北中2年)

13-14歳の部女子は、安保寿美(広島・福山城北中2年)が4オーバー76で接戦を制し、2年連続メダリストになって西日本決勝大会に進んだ。4番でピン奥1.5メートルにつけるバーディーがこの日唯一のバーディーだったが「ショットはよかったです」と笑顔を見せた。昨年よりも飛距離が15ヤードほどアップしているという。ショットも「狙ったところに行くように」と、かごなどの目標物に向かって打って、精度も上がってきた。西日本決勝大会に向けて「まだ日にちがあるので、パターの練習をしたい。ショットも今以上に精度を上げないと」と目標を挙げた。

 

【大会コメント】

古瀬幸一朗(香川・さぬき南中3年)
古瀬幸一朗(香川・さぬき南中3年)
◇15-18歳男子の部男子4位の古瀬幸一朗(香川・さぬき南中3年)◇
「来年から高校に進学するので、試合の癖をつけようと思って初めて出場しました。どこまで通用するか、試したかった。素晴らしい舞台で、ドキドキしましたけど、大たたきしないで回れました。今日はパーオンが少なかったので、そこを修正して決勝大会で頑張りたい。世界なんて無理と思ったけど、今は0%から30%ぐらいになったと思います」
岩谷奏(大阪・ルネサンス大阪高3年)
岩谷奏(大阪・ルネサンス大阪高3年)
◇15-18歳の部女子2位の岩谷奏(大阪・ルネサンス大阪高3年)◇
「今日はリズムを一番大事にして回りました。1,2,3、みたいな。ショットもアプローチも安定した。去年は決勝大会でボロボロだったので、もう少し飛距離アップするように図ぶりや筋トレを頑張ります。最近はすごく怖がってビビって逃げるところがあるので、メンタルを強くしたい」
井ノ下愛華(広島・東西条小6年)
井ノ下愛華(広島・東西条小6年)
◇13-14歳女子3位の井ノ下愛華(広島・東西条小6年)◇
「後半(アウト)がよかった。3番ショートでホールインワンになりかけた。カップをなめて10センチぐらいでした。グリップとかスタンスとかを注意しています。去年、決勝大会で3位に悔しかったけど、今年は優勝を目指したい。友達(菊田ひな)が世界樹に行って楽しかったと言っていたので、私も行きたい」
原鉄太郎(愛媛・窪田小6年)
原鉄太郎(愛媛・窪田小6年)
◇11-12歳の部男子1位の原鉄太郎(愛媛・窪田小6年)◇
「ドライバーが今いちだった。左右にぶれてまっすぐ行かなかった。でもいやそうなところからセカンドがピンに向かって行ったのがよかった。去年はぎりぎり予選を通ったけど、決勝はだめだった。ティーショットが曲がらないようにして、1.5㍍ぐらいは全部入れられるようにしていきたい。将来のために、世界ジュニアに行ってやってみたい」
長岡優稀(大阪・東泉丘小5年)
長岡優稀(大阪・東泉丘小5年)
◇11-12歳の部女子1位の長岡優稀(大阪・東泉丘小5年)◇
「パターがちょっと入らなくて、短いところを入れようと頑張りました。バーディーはなかったけど、よかったのはアイアン。ダフるかなと思ったけど、きれいにボールに当たって気持ちよかった。決勝大会までにアプローチとパターをもっとうまくしたい。ロブショットをきれいに打てるようにしたい。2日競技はいつも1日がだめなので今年は2日とも頑張る」
岡村昂汰(兵庫・峰相小4年)
岡村昂汰(兵庫・峰相小4年)
◇9-10歳の部男子1位の岡村昂汰(兵庫・峰相小4年)◇
「ドライバーがまっすぐ飛んだ。自分では(77は)いいスコアです。バーディーはなかったけど、パーをたくさん取れた。去年は予選で落ちたので決勝は初めて。アプローチとパターを完璧にしていきたい。今日は3パットしたりパターが完ぺきじゃなかったから」
龍本奈月(広島・安小4年)
龍本奈月(広島・安小4年)
◇9-10歳の部女子1位の龍本奈月(広島・安小4年)◇
「77はまあまあなスコア。いつもより付ドライバーがちょっと飛んだ。最終ホールでアプローチがちょっと強かったのでダブルボギーにしたのが悔しかった。決勝大会で勝てるように、もっと練習する。フェアウエーウッドがいつもよくないので、もっとうまくなる」
前田哲宏(大阪・関西国際学園小2年)
前田哲宏(大阪・関西国際学園小2年)
◇7-8歳男子1位の前田哲宏(大阪・関西国際学園小2年)◇
「パターがよくて、悪いのがなかった。アプローチもベタピンについた。バーディーは5個取った。いつもはこんなに取れないからよかった。ドライバーも思ったより飛んでいた。今日は1回だけアプローチが右に行っちゃったので、決勝大会までにまっすぐ打てるようにしたい」
佐々木花虹(岡山・御津南小2年)
佐々木花虹(岡山・御津南小2年)
◇7-8歳の部女子1位佐々木花虹(岡山・御津南小2年)◇
「今日はドライバーはよかったんだけど、アプローチとパターが悪かった。1個もバーディーが取れなかった。(決勝で勝つ自信は)ハイ、あります。アプローチとパターをもっと練習する」